ハワイアンジュエリーAloha Ekolu公式オンラインショップ Aloha Ekolu ハワイアンジュエリー専門店

 
 

結婚指輪に人気のハワイアンジュエリー「マイレリーフ」の意味は?

ウェディングジュエリーとしても人気の高いハワイアンジュエリーには、様々なモチーフがあります。

なかでも結婚指輪に人気なのが、「マイレリーフ」です。こちらでは「マイレリーフ」に込められた意味と、それにまつわる神話をご紹介します。

マイレリーフに込められた意味とは?

マイレリーフに込められた意味とは?

ハワイアンジュエリーに用いられるモチーフのなかでも、特に神聖で古くから使われてきたのが「マイレリーフ」です。

古来からマイレは「神の足跡」と呼ばれ儀式に使用されたり、厄除けやお守りとして主に男性が身につけていました。ハワイの結婚式で男性がマイレのレイを着けるのも、このことからきています。

近年は「聖なるつながり」や「絆」を象徴するモチーフで、夫婦を強く結びつけるとして結婚指輪や婚約指輪、ペアリングなどに多くデザインされています。

マイレリーフにまつわる神話

マイレリーフにまつわる神話

ハワイ島に若く美しいモーリーという女性がいました。彼女の父は、娘の幸せを願って有能な漁師に嫁がせようと決めていました。そんな彼のもとに、たくさんの釣果を手に有能ぶりをアピールする漁師が現れます。彼が働き者で優れた漁師であると判断したモーリーの父は、娘との結婚を許します。

しかし、いざ結婚してみると、働きもせずにぶらぶらするだけの男でした。アピールに使った魚も、モーリーの父を騙すために用意したものでした。

やがてモーリーは、悲しみの果てにマイレのレイを身につけてワイアフキニの崖から身を投げてしまいました。その後、強い風が吹き荒れるとモーリーの嘆き悲しむ声が響き渡るようになります。

このことから、マイレはお供え物としても使われるようになりました。また、夫婦の絆を誓う証として結婚式の象徴的なモチーフとなったそうです。

組み合わせも楽しめるマイレリーフ

マイレリーフだけのデザインでも想いがこもったハワイアンジュエリーになりますが、他のモチーフと組み合わせるのも人気です。

例えば、プルメリアと組み合わせてレイをかたどれば「強い絆」「一途な想い」二つの意味合いを持たせることができます。デザインとしても華やかさがアップします。他にも、ウミガメやハイビスカス、ホエールテールなどと組み合わせれば、世界に一つのオリジナルハワイアンジュエリーができます。

Aloha Ekoluでは、「マイレリーフ」をデザインした、ハワイアンジュエリーを多数取り扱っています。

他のモチーフと組み合わせたデザインも扱っていますので、大切なパートナーへの想いを込めたオリジナルハワイアンジュエリーをお探しの方は、ぜひAloha Ekoluをご活用ください。文字の刻印が対応可能な商品もご用意しております。

マイレリーフデザインのハワイアンジュエリーを扱うAloha Ekolu

会社名 株式会社AlohaEkolu
運営統括責任者 新條 彩
住所 〒271-0086 千葉県松戸市20世紀ヶ丘萩町215
電話番号 042-540-2132
メールアドレス info@aloha-ekolu.com
URL http://www.aloha-ekolu.com/